立川市のひとり親の会立川マザーズ。ひとり親として歩んでいるお父さんお母さん達の相談と交流を通りして自立支援を支え合える場所です。

立川マザーズって?

立川マザーズは昭和34年4月1日に、正式に発足いたしました。
古くは戦争未亡人の会「ときわ会」として生まれたのが始まりです。

 

立川マザーズって?今の立川マザーズの愛称は、平成に入り時代に合わせて決められました。
ですから、マザーズとは愛称があっても。お父さん達の入会もおまちしています。

 

現在は母子が中心で在籍していますが、お子さんを苦労して成人させられた
寡婦の方や、極少ですが父子家庭、また外国籍のひとり親のお母さん(フィリピン籍)達も楽しく参加されています。

 

今の社会は複雑です。ひとり親でなくても理由があって、兄弟や娘や息子の「子ども」を養育されている方もいらっしゃるでしょう。そのような方も、ご参加下さい。

 

互いに認め合い、応援し合い、励まし合いたい。

 

子供達もそんな仲間の輪の中で、大きい子は小さい子を面倒をみたり、小さい子は面倒を見てもらった記憶を刻み、また新しく仲間になった更に小さい子を面倒を見る。疑似兄弟の関係を築いています。

 

はじめは、マザーズに入会するのをためらう方もいるでしょう。

 

入会も退会も自由です。また、何回か行事に参加したりして、納得してから入会をする事も出来ます。
みなさんの肩の力が抜ける場所、楽しみになる場所。心配事が軽くなる場所。
そんな場所でありたい。会長としてはそんな居場所として運営して行きたいと思います。

 

また、会員の皆さんの望む事があれば、みんなで考えを出し合い、実現する方法を考え、具現化していくようにみんなで動きたいと思っています。